みどりの葉っぱ

健康やお料理のこと、ときどき日々の出来事など書いています。

「ビタミンC」の効果をまとめたよ^

f:id:skypon:20181026000654j:plain

 

 

ビタミンCには、アンチエイジング効果、免疫力のアップ、抗ストレス効果、そして細胞同士を結合するためのコラーゲンの生成など、多くの効果があり、そのどれもが人にとって必要なものです。

今回は、ビタミンCという栄養素のいいところいっぱいご紹介します。

 


ビタミンCの効果

 

アンチエイジング効果

ビタミンCには抗酸化作用があり、増えすぎた活性酸素から細胞を守ってくれます。
活性酸素は本来、体内に侵入してきたウィルスなどの外的を攻撃する働きを持っていますが、増えすぎると正常な細胞を攻撃してしまう性質を持っています。
現代人は活性酸素が増えやすい傾向にあり、それを改善するために抗酸化作用を持つビタミンCを摂取する必要がある。ということです。


免疫力のアップ

・闘う白血球やリンパ球のサポート役
ビタミンCは白血球やリンパ球の働きを強化する効果があります。白血球やリンパ球はウィルスと闘っているので、そのサポート役ということになります。

・防護壁の強化
また、インターフェロンというタンパク質も構成しています。このインターフェロンはウィルスが体内に入ると増え、ウィルスの増殖を抑える働きをします。


皮膚や骨、血管を強くする

皮膚や骨、血管を丈夫に形成するにはコラーゲンが必要です。このコラーゲンは細胞と細胞の間をしっかりと結合する役割をもっていて、もしこのコラーゲンが生成されなくなったら細胞同士の結合が脆くなり血管が破れるなどの症状が生じます。そんな重要な役割を持っているコラーゲンを生成するのに必要不可欠なのが、「ビタミンC」なのです。


抗ストレス効果

人間にはいろいろなストレスがあります。睡眠不足、騒音、暑さや寒さ、そして不安、緊張など、それをストレスとして本人が認識していないものも含めるととても多くのストレスがあります。ひとの体はそれらのストレスに対抗するために、アドレナリン(副腎髄質ホルモン)を多量に分泌します。このホルモンの合成に必要不可欠なのが、「ビタミンC」なのです。


ビタミンCとコラーゲンを一緒に摂れるサプリメント